ランクル70 車中泊を視線シャットアウトで更に快適に

こんにちはー(・∀・)ノ

 

ランクル70での車中泊キャンプ

より一層、快適に過ごすために!

前から欲しかった用品を購入して

パワーアップさせちゃいましたよ~ 😛 

 

マルチシェードを購入

 

車中泊をする時、気になることと言えば…

 

やはり〝見られてる感〟ですよね  笑

別に誰も見てないとは思うんですけど。

 

何となく落ち着かない(´・ω・`)

 

スモークガラスの場合でも

内側からは外は見えますからね。

 

外からは見えてないと分かっていても

なんとなーく、ソワソワしちゃって 笑

落ち着けないなんて方もきっと多いはず!

 

そこで、ずーっと欲しかったのが

マルチシェードという優れモノ 😀 

 

IMG_4114

 

コチラッ!!

 

なんと、ただ吸盤で貼りつけるだけの

超簡単な車中泊アイテムなんです♪

 

しかも、防寒、防熱ときた( ゚д゚ )ノ

もちろん車種専用設計なのでピッタリ!

 

最初は、銀マットをカットして

自作を考えていたんですけどね…

 

やっぱり、どうせならしっかりと

寒さ対策暑さ対策がされている方が

良いなと思い、購入を決意しました :mrgreen: 

 

http://www.aizu-rv.com/

 

↑ こちらのサイトから購入しました 😛  ↑

Aizu(アイズ)さん の商品です。

 

さて、それでは さっそく ご紹介♪

 

いやいや、待って待って!その前にさ

どうやってフルフラットに?という方は

↓ コチラの記事を参考にして下さい ↓

ランクル70-フルフラット計画実行

 

マルチシェード取付

 

IMG_4090

 

開けると、こんな感じになってました。

 

思ったよりも、コンパクト

まとまっていて驚きました 🙂 

 

IMG_4093

 

それぞれの窓の形になっているので

間違った場所に付けてしまわぬ様に

注意しながら取り付ければOKです 💡 

 

IMG_4094

 

まぁ、吸盤で取り付けるだけですが 笑

さっそく、取り付けてみます(゚∀゚)b

 

IMG_1446

 

取り付ける前の状態がコチラ。

 

IMG_1450

 

こんな、外からも車内からも

透け透け見え見えの状態から~

 

IMG_1451

 

こんな感じになります\(^o^)/

うんうん、良い感じじゃん。

 

全てのマルチシェードを取り付けると…

 

IMG_4096

 

じゃじゃーーーん(`・∀・´)ノ

良い感じじゃないですか??

 

あ、そう言えば下に敷くマットレスも

以前は、コールマンのエアマット

使用していたのですが… 💡 

 

膨らますのが、大変だということと

厚みがあるので車内空間が狭くなる

というデメリットがあったので

 

新たに良い物を見つけ改良したので

マットも、ご紹介したいと思います♪

 

キャプテンスタッグのマット

 

IMG_4134

 

こちらが、キャプテンスタッグの

フォームマット ダブルです(・∀・)ノ

 

IMG_4135

 

真ん中で、2つに折り畳めて~

 

IMG_4136

 

IMG_4137

 

IMG_4138

 

さらに、パタパタと折りたためます(ノ∀`)

 

IMG_4139

 

写真を撮りながら、畳んでいるので

なんだか、非常に ぎこちないですが…

そこは、気にしないでください 笑

 

IMG_4141

 

IMG_4140

 

はい、ここまでコンパクトに!

 

IMG_4147

 

改めて、車内に敷いた感じを(゚∀゚)

 

そうそう!ランクル70の車幅に

本当ジャストフィットなんですが!

 

パワーウィンドウ(肘掛)の部分だけ

多少、干渉しますので、そこだけは

カットするなり、折り曲げて使うなり

してもらえればOKですね(´∀`)ノ

 

IMG_4148

 

IMG_4151

 

結構前になりますが、同じ車体カラーの

ワッペンが売っていたので貼りました 😮 

 

可愛いでしょ( ̄ー ̄)?

 

IMG_4143

 

こんな感じに、折りたたんで使えば

更に、クッション性を確保することも♪

 

 

恐らくですが、ランクル70の車幅的

売っている様々なマットの中で

これが一番しっくりくると思います 😛 

 

IMG_4150

 

外から見るとこんな感じです♪

 

IMG_4149

 

以上、ランクル70車中泊の改良でした 💡 




↑ポチッと応援頂けると嬉しいです!


コメントを残す

このページの先頭へ