最低使用温度 -12度 ISUKA シュラフ(寝袋)レビュー

こんにちはー(・∀・)ノ

 

イスカのシュラフを購入したのは

もう、2ヶ月くらい前なんですけどね^^;

 

UPするのを忘れていたので、今更ですが

紹介しておきたいと思いまーーす ➡ 

 

迷って迷ってイスカに

 

今回、冬用の新しいシュラフ

無数にある中から購入するにあたって…

 

相当悩みましたよ _| ̄|○

 

だって、シュラフってどれもこれも

ほんっとに、高いんですもん(;´∀`)ノ

 

最低使用温度が低くなればなるほど

お値段も、もちろん高くなりますし!

 

軽く、コンパクトになればなるほど

もちろん、高くなりますからね 😕 

 

自分は、登山をするわけではないので

軽さ、コンパクトは捨てました。

 

そして、キャンプを頻繁に行う場所の

最低気温から考えて-10℃前後の

シュラフというチョイスをしました♪

 

あ、あとは一番重要な〝お値段〟ねw

極力、安くて、でも質の良い物を!

 

似たような考えを持った方であれば

きっと、参考になると思います 💡 

 

さて、ダラダラ書いててもページを

閉じられてしまうと思うのでw

 

本題です!購入したのは…コチラッ!

 

IMG_4071

 

じゃじゃん(・∀・)ノ

真っ赤なシュラフでございます。

 

〝イスカ アルファライト 1000EX〟

 

IMG_4067

 

ソファーテーブルの間に敷いて…

 

IMG_4069

 

さっそく中に入ってみる。

 

うん、あたたかい。

いいよ~あたたかいよ~。

 

IMG_4068

 

このまま眠れそうだよ…

 

IMG_4069

 

いやいや、寝ないよ。

 

くだらないことしてないで

レ、レビュー書きますね(;´∀`)ノ

 

実際に冬キャンで使用してみて

 

IMGP0037

 

UNIFLAMEのリラックスコット

合わせて使うのが一番快適でしたがw

 

地面からの冷気で身体は冷えるので

リラックスコットを使わずに

使用してみたりもしました(´∀`)ノ

 

12月から2月までの約2ヵ月間

冬キャンプで、実際に使ってみたので

自分なりのレビューをします(・∀・)ノ

 

DCIM100GOPROGOPR1266.

 

特別、標高の高い山などで冬に

キャンプをするわけでなければ… 

 

DCIM100GOPROGOPR1265.

 

最低使用温度が-12度くらいあれば

十分なスペックだということが

使ってみて分かりました(`・ω・´)b

 

よかった…もし寒かったら新たに

シュラフを買い直さなきゃだったのでw

 

とは、言いましても、体感温度

基礎代謝って人それぞれですし…

結局は、何とも言えないんですけどね 😐 

 

まぁ、あくまで参考ということで!

 

あぁ..そういえば、なんか赤いシュラフが

どうのこうのって、四駆で何とかの人が

言ってたな…くらいでいいと思いますw

 

DCIM100GOPROGOPR1267.

 

ここ数ヶ月間の、冬キャンプでも

気温は、だいたい一番冷え込む朝方で

0~-5℃くらいだったかな(゚∀゚)??

 

このくらいの気温であれば全然問題なし!

 

寒くて、夜中に起きることもなく

ちゃんと安眠できましたよ~!!

 

DCIM100GOPROGOPR1268.

 

IMG_4078

 

シュラフって、最低使用温度

-12度と記述されているからと言って

-12度の環境で使えるかといったら…

答えは、NOなんですよね(;・∀・)

 

だからこそ、シュラフの選択には

迷っている方が非常に多いと思います。

 

今度、-10℃前後の環境でのキャンプで

このシュラフを試してみたいと思うので

また、改めてレビューしますね(゚∀゚)ノ

 

IMG_4077

 

もしらしたらインナーシュラフ使えば

耐えられるかもしれませんからねw

 

少しでも、参考になれば幸いです 😛 




↑ポチッと応援頂けると嬉しいです!


コメントを残す

このページの先頭へ